関西発・お気楽温泉旅日記

独身時代に書いていた温泉旅行記や、家族でまわった温泉旅行のレポートをブログで紹介しています。

【これまでの旅日記】
<北海道>東北&北海道北海道1234家族旅行123トワイライト十勝札幌
<東北>東北1栗駒家族旅行石巻秋田
<関東>TDR1234箱根伊豆大島三浦半島関東伊豆
<中部>信州1234567891011福井12金沢信越長野12
<近畿>紀州南紀1234天橋立播但有馬123志摩ドリームクルーザー伊賀キャンプ12淡路島日帰り温泉
<中国・四国>大山山陰123蒜山1四国1岡山
<九州>九州1234大分
<海外>シンガポール&ハノイ123ケアンズオーストラリア
<まとめ>年別リスト
<(番外編)なごみの湖>なごみの湖関連記事一覧


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鯉川温泉~ミルク工房

【10日目その3】

ニセコ昆布温泉/鯉川温泉/500円

ニセコの昆布温泉の宿。鄙び系の宿でなんともいい雰囲気である。
お湯は茶褐色の濁り湯で、鉄分、塩分がある。
内湯は2槽になっていてお湯が流れ込んでいる方はちょっと熱め。どちらの浴槽もえらく深い。
そういえばニセコの薬師温泉もえらく深かったが、ここらへんの温泉の傾向なのだろうか?

露天風呂はややぬるいが、小さな滝を見ながら入れる。木陰になっていて涼しく、ゆっくりくつろぐことができた。
娘さんがノートPCを触っていたので、ちょっと声をかけてみたら、やっとインターネットには接続したが、まだホームページは作ってないとのことだった。

ミルク工房

ミルク工房2

ニセコ東山にあるアイスクリーム屋。ここからの羊蹄山の眺めは最高なのだが、この日は上の方に雲がかかっていた。

ミルク工房3

食べたアイスクリームは、チョコといちごヨーグルトのダブル。どちらもうまかった。

ミルク工房1

-----------
★今回の旅日記は、1999 年の夏に旅した時のものです。
ペタしてね
スポンサーサイト

赤井川温泉~大和温泉

【10日目その2】

赤井川温泉/赤井川構造改革センター/400円

さらに寄り道をして、赤井川温泉に入りに行った。前回はたまたま通ったのが定休日の月曜日だったため、今回初めて入った。

赤井川温泉

塩素は入ってないものの薄い食塩泉でそれほど特徴はなかった。

大和温泉/無料

このあたりにあるちょっと怪しい温泉。大和地区の住民用らしいがガイドで紹介されてる時点でも、地域の人はほとんど入ってないようだった。
私が行ってみたところ、この温泉に向かう道には、この先で熊が出没したので注意との看板が立っていた。

大和温泉1

とりあえず、その温泉はすぐ近くの野原の真中にほったて小屋が建っているのが見えていたので、近くに行ってみたら、扉が壊れて、ガイドブックで見たよりさらに怪しいボロボロの状態になっていた。

大和温泉2

中を覗いて見ると、男湯の方は脱衣所の棚が壊れ、女湯の方はスノコがボロボロに壊れていた。
とりあえず男湯に手をつっこんでみると確かに生あたたかい温泉で、無色透明無味無臭のかなりぬるいがきれいなお湯が流れ込んでいた。

大和温泉3

あんまり長居はしたくないような雰囲気だったので(なんか熊に襲われてボロボロになったかのような感じだった ^_^;)、ジャボンとだけつかってさっさと立ち去った。

-----------
★今回の旅日記は、1999 年の夏に旅した時のものです。
ペタしてね

吹出公園~かきざき商店

【10日目その1】

吹出公園

朝起きて、とりあえず吹出公園に行って顔を洗った。

吹出公園

ここはものすごい量の水が沸いているのだが、手が凍りそうになるほどのとても冷たい水が気持ちよかった。
顔を洗ったあとは、駐車場の横にある売店で名水コーヒーを買って飲んだ。
ここのコーヒーは水出しでなかなかうまいのであった。

かきざき商店

北海道旅行の実質最終日ということで、朝食はちょっと足を延ばして余市のかきざき商店に行く事にした。
途中、対行車線がえらく渋滞していたので、後で戻ってくるのは大変そうやなぁ、と思いつつもまぁその時はその時ということで店に向かった。
ちょっと早く着きすぎたのでしばらく休憩してから店に入った。

かきざき

注文したのは寿司とウニ丼。寿司は、マグロ、生タコ、ズワイガニ、ホタテ、シメサバ、甘エビ、貝(何か忘れた)の7カンでなんと480円。
さすがはかきざきという感じである。
あとウニ丼はこないだは赤(エゾバフンウニ)を食べたので今回は白(エゾムラサキウニ)にして1200円だった。
さすがにウニはピークを過ぎていて他と比べてはるかに安いとはいえ若干高い値段だった(この店、ウニ丼は時価だが、安い時は600円台で食べれるのだ)。
寿司もウニ丼もうまくて腹いっぱいで満足した。

・村田農園

ニセコの温泉に入りに戻る前に、とりあえず、仁木の農園でみやげの果物を購入。
もうほとんどシーズン終わりに近いサクランボと、これからがシーズンのぶどう2種類を詰め合わせて、宅配で送った。
この店は私が結構ひいきにしてる店で、今回も少しまけてもらい、また帰りには、トマト3個、りんご2個、ブルーベリーの実を少しわけてもらった。
ブルーベリーの実はそのまま食べてなかなかうまかった。トマトとりんごは食べきれないのでみやげにした。

-----------
★今回の旅日記は、1999 年の夏に旅した時のものです。
ペタしてね

新登別温泉~京極温泉

【9日目その4】

新登別温泉/四季/400円

私は登別よりもすぐ横にある新登別温泉の方が結構気に入っていて、この四季という宿でいつも温泉に入っている。
建物は結構新しいのだが、風呂だけは鄙び系を感じさせる。お湯は白濁でかなり熱め。
おそらく源泉をそのまま引いているのだと思うが熱すぎでそのままでは入れないのが難点である。
高台から海を見下ろせる露天は見晴らしもよい。
ちなみにこの宿の各部屋には、道頓堀とか淀川といった大阪の地名が使われていて面白い。

ここから洞爺湖に向かう途中の峠で結構、幻想的な風景を見ることができた。

オロフレ峠

ベロニーテ

洞爺湖畔にあるレストランで夕食を食べた。本日のオススメのホタテフライセットはなかなかうまかった。
洞爺湖と言えばロングラン花火大会が有名だが、始まるまでに2時間くらい待たないといけなかったので、今回はパスした。

洞爺湖

京極温泉/500円

この日は吹出公園の駐車場で寝るつもりだったので、すぐ横にある京極温泉に入った。
お湯は無色透明無味無臭の全然特徴のない温泉だったが、たまたま露天から空を眺めたところ、尾っぽのめちゃくちゃ長い流星を見ることができた。超ラッキーであった。

吹出公園駐車場泊

その後、駐車場で、ビールを飲みながら空を眺めていたのだが流星を見る前に寒くなって車の中に入ってしまった。
夜中に一度起きて空を見てみたら残念ながら曇っていた。かろうじて1つ見れたのでまあよしというとこか。

-----------
★今回の旅日記は、1999 年の夏に旅した時のものです。
ペタしてね

フンベ海岸温泉~さぎり湯

【9日目その3】

平取温泉/ふれあい館/450円

新得から苫小牧に抜ける途中にあった温泉で、ちょっと寄ってみたがここは無色透明無味無臭のつまらん温泉だった。

フンベ海岸温泉

登別の海岸線の崖の上にある無料の温泉。最初、場所がよくわからなかったので、たまたまその海岸線の道路でスピード違反の取り締まりをしていたおまわりさんに尋ねてみたところ、がけ崩れの危険があって本当は立ち入り禁止なんだけど、と言いつつも親切に場所を教えてくれた。

フンベ海岸温泉1

さっそく行ってみると、ぼろいほったて小屋があり、脱衣所とお風呂があった。
木でできた浴槽には、茶褐色の濁りで鉄分のあるお湯が流れ込んでいて、湯加減もちょうどよかった。

フンベ海岸温泉2

結構、地元の人が釣りに来て、帰りに立ち寄ってるようだった。
夕方だったので、もうちょっとしたら、ここもいっぱいになると言われたが、私が行った時はまだすいていたのでちょうどよかった。

登別温泉/さぎり湯/390円

登別の温泉街はどこも料金が高いがこの公衆浴場だけは安くで入れる。
中に入ってみると思っていた公衆浴場とは大違いで、最近できたクアハウスという感じだった。
お湯は2種類あり、白濁ですっぱい硫黄泉とやや青みがかった白濁の明礬泉だった。
浴場内は硫黄臭がぷんぷんしていてよかったが、お湯はちょっと薄い感じがした。

-----------
★今回の旅日記は、1999 年の夏に旅した時のものです。
ペタしてね

新得そば

【9日目その2】


十勝ダム/東大雪湖

天気が悪かったのが残念だが、このあたりの景色がなんとなく好きなんで、ちょっと立ち寄ってみた。なんとも言えない静けさがあるのだ。

十勝ダム

新得そばの館

通り道の新得はそばで有名なところなので、昼食はそばにすることにした。
食堂はまだ始まっていなかったので、とりあえず、そばソフトを食べた。

そばソフト

なんとなくそばの風味のあるソフトクリームだった。

食事は、とろそばと、とろろそばめししにした。なんかとろろだらけだがどちらもうまかった。

新得そば

-----------
★今回の旅日記は、1999 年の夏に旅した時のものです。
ペタしてね

ナイタイ高原温泉~オソウシ温泉

【9日目その1】

ナイタイ高原温泉/亀の子荘/350円

この日は東雲湖にトレッキングしてナキウサギを見るつもりだったがあいにくの小雨だったのでそれは中止して温泉巡りだけすることにした。
最初に行ったのがこのナイタイ高原温泉。お湯は無色透明無味無臭。つるつる感もほとんどなかったが露天の雰囲気はまあまあだった。
数日前に食中毒事件があったらしく、そのせいかあんまり人がいなかったような気がする。

オソウシ温泉/400円

硫黄泉の冷泉で、冷泉にしては珍しく、源泉そのままの露天風呂がある。
暑い日には最高に気持ちよさそうだが、この日は涼しかったので冷たかったけど根性で入った ^_^;

オソウシ温泉

かなり硫黄臭もたっぷりでつるつるする温泉だった。
また加熱された方の露天もまだまだ硫黄臭が残っていて、つるつる感も十分だった。飲んだ感じは無味でまろやかな感じ。
この日は加熱された温泉の方がちょうどいい温度だったのでそっちでゆっくりくつろいだ。

また、ここの今のオーナーは大阪方面の方で、定年後に事故に遭ってリハビリでこの温泉に来ていたところ、前のオーナーに温泉やってみないかと勧められて、そのままここに住みついてしまったそうな。
なんともうらやましい話である。私の車の大阪ナンバーを見て懐かしいと言ってた。

-----------
★今回の旅日記は、1999 年の夏に旅した時のものです。
ペタしてね

バイスツールセット(番外編:なごみの湖)

注文していたフライタイイング用のバイスツールセットがやっと届きました。

関西発・お気楽温泉旅日記-ツールキット1

セットはこんな感じの木箱に入っています。

関西発・お気楽温泉旅日記-ツールキット2

蓋を開けると、ツール一式がゴムで留められています。

関西発・お気楽温泉旅日記-バイス

一番欲しかったバイスですが、こんな感じでスタンドに立てて使えます。
土台がかなり重たくてしっかりしてそうですし、机に固定して使うための金具もついています。
(たぶん使わないので、こちらの金具はビニール袋に入れたままにしてます)

本当はバイスだけが欲しかったのですが、ネットで探しているとセットものの初心者キットの方が安かったので、これにしてしまいました。

関西発・お気楽温泉旅日記-マテリアルセット

ついでに、マテリアルサンプルのお買い得品があったので、こちらも練習用に購入してみました。
ゴールドリブドヘアーズイヤーとエルクヘアカディスの2種類です。

前回の釣行で、フェルトで作ったエッグフライが結構いい感じで釣れたので、エッグフライも量産しようと思っています。

幕別温泉~芽登温泉

【8日目その3】

幕別温泉/ホテル緑館/700円

十勝のモール泉ではここがオススメだと聞いて行ってみたのだが、あんまりたいしたことはなかった。
緑褐色の透明で塩分が少しありまた源泉からは少し硫黄臭がしていた。
ただ温泉の方はともかく、ここはプールが温泉と共通料金になっていたので、車に戻って水着をとり、プールにも入っていくことにした。
この日もかなり暑かったので、2時間くらいプールで泳いでは昼寝をしてのんびりすごした。トータルで3時間くらいくつろいでしまった。
この緑館といい緑風荘という名称の緑はモール泉の色からきてるのだろうか?

めん蔵

ちょっとラーメンが食べたくなり、ガイドブックで手頃そうなラーメン屋をチェックして行ってみた。
ここの名物は濁りラーメンなのだそうだが、売り切れていたので、普通の塩ラーメンを注文。
薄くてたいしてうまくなかった。ダシを見る限り濁りラーメンの方も多分、期待はできないような感じだった。

芽登温泉/500円

数日前に暑さでパスしたが、ちょうど夕方だったので露天でも大丈夫だろうと思って行ってみた。
すでにかなりお湯が水でうめられていたようで、かなりぬるくなっていたが、無色透明のお湯は少しつるつる感もあり、結構いい感じだった。
源泉からは少し硫黄臭がしていた。

道の駅「足寄湖」泊

この日は流星が見えるとのことだったので、少し山の方の道の駅に行ってみたが、あいにく曇り空で星もほとんど見えなかった。

-----------
★今回の旅日記は、1999 年の夏に旅した時のものです。
ペタしてね

グローブ調達(番外編:なごみの湖)

昨日は娘と本湖に行きました。
とりあえず朝は第1桟橋でルアーでスタートしますが、全然釣れません。。。
まわりもぽつぽつと釣れるか釣れないかの渋い状況。

寒いし娘も元気が出ないので、早く日が当たり出す中央桟橋に移動し、やっと1匹目をゲット。

どうせ釣れないならと釣りをするのは諦めて娘のフライのキャスト練習をすることにしました。
キャスト練習を始めていたところで、ちょうどフライの先生が来て下さったので、娘はいつものように先生にキャストを教えてもらいました。

その後、ようやく暖かくなってきた頃に、トルネードで2匹目がヒット。

ファイト中

今回、ルアーで最後の1匹となり午前の部はあえなく終了。

ルアーで

午後からは、娘がライトエリアで先生とフライをやっている間、私も本湖でフライフィッシングにチャレンジ。

フローティングラインに1mくらいのリーダー、2mくらいのティペットを結びエッグフライをつけてマーカーなしのタックルです。
ロールキャストで近場に垂らすと、フライの重みでフライラインが少し沈んだところで止まります。
アタリはラインの動きで取るのですが、それほど時間もかからずに最初のヒット!

フライで

本湖で初めて自力で(フライも自作で)魚を釣ることができました。
しかも、これくらいの釣り方なら、まともにキャストができなくても自分でできそうです。

フライで2匹釣ったあと、ライトエリアに娘を迎えに行くと、娘がいつもと違う模様のニジマスを釣っていました。

ライトで

その後、娘と本湖に戻り、同じ釣り方でトータル7本も釣れてしまいました。
フライを垂らしてフライロッドを桟橋に置いて娘にロッドを持ってもらおうとしてたら、ロッドが湖に引き込まれそうになり、ちょっとビックリした、なんてこともありました。
(その時はフライを沈め初めて20秒もしないうちにヒットしてしまったようです)

結局、ルアーで2匹、フライで7匹の合計9匹で終わり、連続2桁は3回でストップしてしまいました。
(娘は先生とライトエリアでも16匹釣ったようでしたが)

あと今回、冬装備ということでグローブを買ってみました。

グローブ

1日使いましたが、とても柔らかい素材で暖かくフィット感もよいグローブで、つけていても違和感がなかったので買って正解だったと思います。

 | ホーム |  »

FC2Ad

日本全国温泉ガイド


日本全国温泉ガイド
日本全国温泉ガイド
我が家の温泉ガイドです。
全国の温泉を紹介してます



カテゴリ

北海道 (583)
東北 (142)
関東 (138)
中部 (431)
近畿 (215)
中国 (78)
四国 (30)
九州 (189)
海外 (251)
番外編:なごみの湖 (107)
雑記 (13)


最新コメント


月別一覧


プロフィール

きゃま★めざせ1000湯!

Author:きゃま★めざせ1000湯!
温泉と管釣りが大好きな、かわいい2人の娘のパパです!


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


最新記事


旅日記に登場した温泉

全ての温泉リスト
12/13現在790件掲載
↓最新50件です
  • ホテル木曽温泉
  • 二本木の湯
  • 旦過湯
  • 蓼科グランドホテル滝の湯
  • 横谷温泉
  • ホットプラザ浅間
  • 大町温泉薬師の湯
  • ゆ~ぷる木崎湖
  • 鬼無里の湯
  • 白馬八方温泉白馬ホテル花乃郷
  • 白馬八方おびなたの湯
  • 雨飾温泉露天風呂
  • 来馬温泉風吹荘
  • 黄金ノ湯
  • 薬師ノ湯
  • 仙気ノ湯
  • 三国一ノ湯
  • 乗鞍高原温泉せせらぎの湯
  • 平湯の湯
  • 島ヶ原温泉やぶっちゃの湯
  • リフレッシュinひるがみの森
  • 国民宿舎松代荘
  • 夕姫の湯
  • おぶせ温泉あけびの湯
  • 湯の華銭湯瑞祥
  • 狭山やまとの湯
  • 小さな旅川越温泉
  • 別所温泉
  • 文殊の湯
  • 鹿教湯温泉
  • 白骨温泉泡の湯
  • 白川郷の湯
  • みはらしの丘みたまの湯
  • 韮崎旭温泉
  • 甲斐大泉温泉パノラマの湯
  • 健康の森温泉
  • アパホテル 富山
  • 金太郎温泉カルナの館
  • 馬羅尾天狗岩温泉すずむし荘
  • 白樺湖温泉すずらんの湯
  • 上諏訪温泉片倉館
  • 白糸の湯
  • 早太郎温泉こまくさの湯
  • 上北山温泉
  • 湯ノ口温泉
  • ホテル浦島
  • ゆりの山温泉
  • 松任海浜温泉
  • 金太郎温泉
  • みみずくの湯


検索フォーム


リンク集

RSSリンクの表示


QRコード

QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。