関西発・お気楽温泉旅日記

独身時代に書いていた温泉旅行記や、家族でまわった温泉旅行のレポートをブログで紹介しています。

【これまでの旅日記】
<北海道>東北&北海道北海道1234家族旅行123トワイライト十勝札幌
<東北>東北1栗駒家族旅行石巻秋田
<関東>TDR1234箱根伊豆大島三浦半島関東伊豆
<中部>信州1234567891011福井12金沢信越長野12
<近畿>紀州南紀1234天橋立播但有馬123志摩ドリームクルーザー伊賀キャンプ12淡路島日帰り温泉
<中国・四国>大山山陰123蒜山1四国1岡山
<九州>九州1234大分
<海外>シンガポール&ハノイ123ケアンズオーストラリア
<まとめ>年別リスト
<(番外編)なごみの湖>なごみの湖関連記事一覧


トラウト用ルアーの増強

「なごみの湖」の初めての釣行で、ルアーのバリエーションがあまりにも足りないことを痛感したので、まずは、ルアーを増やすことを検討しました。
ネットの通販で適当に見繕っても結構な金額になります。やっぱりルアーはお金がかかりますね。

そこで、中古をオークションで探してみることにしました。
オークションでは、トラウト用のルアーをまとめて売りに出されているものが、たくさんありました。
その中のいくつかをウォッチし、一番よさそうなものを無事落札することができました。
約60個のルアーを約12,000円で落札したので、新品を買うよりかなり安くで数を揃えることができました。
また、収納用に、携帯用のウォレットも購入しました。
買ったルアーを試すには時間がかかりそうだったので、平日に有休を取って、再び「なごみの湖」にチャレンジすることにしました。

娘は学校なので、この日は、私1人で早起きして出発しました。
朝一番で「なごみの湖」に到着し、今回は第1ライトエリアにチャレンジ!

true-第1ライトエリア

と思って階段を降りていたら、嫁さんから電話が。
なんと下の娘が38度の発熱!
時期が時期だったので、嫁さんが発熱相談センターに電話したところ、かかりつけの小児科に行くように言われたとか。
娘を病院に連れて行きたいので車が要る、とのことで、まだ1投もしないうちに、あえなく撤退となりました。
管理人さんにキャンセルしてもらい、早々に帰宅し、娘を病院に連れて行き、事なきを得ました。

しかしながら、娘を病院に連れて行って帰宅したのは9時過ぎ。
せっかく有休を取ったのだから、と再度「なごみの湖」に向かいました ^_^;
すでに、朝の一番釣れる時間帯は過ぎてしまいましたが、気を取り直して釣りをスタートしました。

この日の目的はオークションで購入した雑多で大量のルアーをライトエリアで片っ端から試すこと。
釣れるかどうかは置いといて、アタリがあるかどうかを中心に順番に投げていきました。
また、初日に行った時は、釣れた数を正確にカウントしていなかったので、この日は、釣れた魚を1枚ずつデジカメで撮影することにしました。

true-クランクベイトで

だいたい3~5投連続でアタリがない場合はルアーチェンジするペースで、ひととおり試し、結局、この日に釣れたヒットルアーは7つほど、アタリやヒット止まりを含めると15ほどになりました。
7つのヒットルアーのうち、一部、昼の暑い時間にヒットしたミノーやトップウォーターのクランクを除き、この時以降も調子よく使えています。

true-スプーンで

中でも、オリーブ金、紺蛍光ピンクの2つのスプーンがカラー的にか、よく当たるようでした。
釣果自体は17匹と、まだまだ初心者の域を越えませんでしたが、なんとなく、ライトエリアでのコツがわかってきた気がしました。

初めての「なごみの湖」

いよいよ「なごみの湖」初チャレンジの朝になりました。
娘と2人で早起きし、近所のコンビニで朝ごはんのおにぎりを購入して出発です。
我が家から「なごみの湖」までは車で45分程度で、これなら気に入ればいつでも来れるなぁ、という距離でした。

オープンの6時半の少し前に到着すると、すでに数台の車が止まっていました。
間もなく管理人さんが到着して門が開けられると、車の中で待っていた人たちも、ぼちぼちと移動を開始しました。
朝一番から来ている人たちは、みんな本湖に向かう常連さんばかりでしたが、私と娘は当然ながら、ライトエリアに向かいました。
2時間コースでは全然釣れないで終わってしまう恐れもあったので5時間コースを選択しました。

ライトエリアは2つあって、上流にある浅めで魚を見ながら釣れる第2エリアと、下流にあるやや深い第1エリアがありましたが、第2エリアの方はリニューアルしたてで足場がウッドデッキになっていてきれいだったので、安易にそちらで釣ってみることにしました。

true-ライトエリア

トラウトのルアー釣りは、これまで川での放流直後のニジマスと、北海道の湖で釣ったくらいで、いずれもスピナーしか使ったことがかったので、管理釣り場での釣り方は全く知らず、とにかく、投げて巻いてみるしかありませんでした。
私も娘も時々アタリらしきものは感じるのですが、なかなかヒットしませんでした。

そうこうしているうちに、他の人が来はじめて、立て続けに釣り始めました。
ルアーを見せてもらうと、私が持っていたものよりも一回り小さく軽いもので、リールを巻くスピードも私たちの巻き方はずいぶん速すぎるということがわかりました。
教わった巻き方で、ようやく私も娘も待望の1匹目をゲットすることができました!

true-釣れた

持ち帰りは5匹までで、まだ時間も早かったのですが、後から全然釣れないと困る、ということで、最初の2匹はクーラーボックスに入れました。
そのあとは、2人とも少しずつ釣れるようになってきましたが、ある時から手持ちのどのルアーに替えても全然釣れなくなってしまいました。
ルアーのバリエーションが少ないと、こういう時につらいということは、バスフィッシングをやっていたので知っていましたが、さすがに、いきなり大量のルアーを用意する勇気も経済力もなかったので、そこは我慢して、娘のキャストの練習をさせていました。

それを見かねてか、先ほど釣り方を教えてくれたお兄さんが、見たこともないピンクの棒のルアーをくれて、試してみるように言われました。
教えてもらったように、少し沈めてから、超ゆっくりで娘が巻き始めたところ、いきなりヒットし連続ゲットできてしまいました。
後から調べてわかったのですが「Xスティック」というルアーでした。



それからしばらくして放流が始まりました。
放流で入ってきた魚は、すでにいる魚と違って、ゴールドなどのルアーに非常によく反応し、ルアーの巻き方も早くても追っかけてきます。周りの魚が釣れ出すと、それまでにいた魚も同じように釣れ出すそうで、放流からの約30分は結構面白いように釣れました。

そのあと、少し雨も降り始め、徐々にまた釣れなくなっていきました。
クーラーボックスには4匹をキープしていたのですが、そろそろ最後にしようと思っていた1匹がなかなか釣れず、結局、ルアーをくれたお兄さんが釣った魚を1匹もらって帰りました。

何度も釣りに来ている常連さんは、ほとんど魚を持ち帰ることはせずに、釣ることだけを楽しみに来るようになるそうです。私と娘は今回初めてだったということもあって、MAXの5匹をキープし家に持って帰りました。
結局、2人で何匹釣れたかは覚えていないのですが、おそらく10匹程度だったのでは、と思います。娘に釣らせることを優先したので、娘の方がたくさん釣っていたと思います。

true-持ち帰り

釣った魚は、家で塩焼きにして頂きました。

true-焼けた

GWに旅行先で食べて以来のニジマスでしたが、美味しく頂けました。

初めての「なごみの湖」でしたが、だいたい予想していた程度の釣果で、家からの距離も近いということもあって、また行きたいね、というのが私と娘の感想でした。

ただ、手持ちのルアーがあまりに貧弱なため、買い増しの必要がありそうでした。

なごみの湖

次の旅日記を始める前に、ちょっとだけ番外編として、釣りに関する話題をはさみたいと思います。

若い頃に、旅先でルアーフィッシングをしていたことは「東北&北海道の旅日記」でも書きました。
また、今でも、旅先で娘と一緒に魚釣りをしていることは、嫁さんのブログ「いいものあるかな?」にも書かれています。

最近、娘が週末に「魚釣り行きたい」というのですが、近場に手頃な鮒釣りやバス釣りのスポットがないため、娘でも簡単に釣りができそうな管理釣り場をネットで探してみました。
餌釣りだと、匹数制限があって楽しむ間もなく釣り終わらないといけない場合が多いため、いくら釣ってもいいようなところを探してみたところ、「なごみの湖」というトラウトの管理釣り場を見つけました。
ここは、ルアー、フライ専用の管理釣り場で、釣れるサイズは小さいけど比較的釣れやすいライトエリアと、ビッグサイズが釣れる上級者向けの本湖があり、利用料金は別になっているため、どちらで釣るかを決めてチャレンジすることになるようでした。
詳細は、ホームページがありますので、そちらを参照して頂けたらと思います。

さて、行き先は見つけたものの、管理釣り場では、どんなタックルを用意したらいいのか、子供(小学校1年生の女の子)でも本当に釣れるものなのか全く想像もつかなかったので、とりあえず電話をして聞いてみました。

すると、手持ちのラインはバスフィッシングに使っていたものだったため太過ぎで、ルアーも使えそうなものは、全然ありませんでした。
リールとロッドはスピニングを2セット持っていたので、当面は、それでしのぐとして、それ以外のアイテムをとりあえず買い出しに行くことにしました。

近くの釣具屋に行ってみたところ、トラウトのコーナーがあり「なごみの湖」おすすめスプーン4個セットのようなものがケース付きで売っていたので、まずはそれを選び、追加でスプーンとクランクベイトを娘の好みで選ばせて購入することにしました。

true-ルアー

ラインは店員の薦めで、見易さを考えて蛍光カラーにしてみました。
勝手がまだわからないこともあって、やや太目の3lbにしました。

true-ライン

ブラックバスを釣ってた頃は、太いラインでごぼう抜きしていたものですが、管理釣り場では、ラバーネットが必須だということで、お試し用に1000円ちょっとで売っていた小さめのラバーネットを購入しました。

true-ラバーネット

家に帰ってラインを巻き換え、ようやく「なごみの湖」へいつでも行ける準備ができました。

東北&北海道旅行編最終日

【32日目】 晴れ

フェリー


フェリーの中は暇だったのでひたすらこの旅日記を書きまくった。
とりあえず、なんとか敦賀到着までに書き上げることができた。
昼には「海の日」記念ということでブリッジの見学をさせてもらえることになり、せっかくなので見学させてもらった。
カメラを車に置いたままだったのが残念。

・帰宅


帰るとやっぱりこっちはむちゃくちゃ暑かった。
やっぱり夏は北海道に限ると思った。

-----

このブログの最初の旅行記となった約1カ月の東北と北海道の旅行は、私の1人旅としては最長のものでした。
もし次にこのような旅行をするとすれば定年後になると思いますが、おそらくこんなハードは旅行はもうできないでしょう。

北海道のサクランボ~小樽温泉(東北&北海道旅行編)

【31日目その2】 晴れ時々曇り

・サクランボ


さらに仁木でみやげのサクランボを購入。
このあたりには店は多いが、自分とこで作ってる店と仕入れてるとこあるそうなので、そのへんの見極めは必要だそうな。

フゴッペ川温泉/天山楽/600円


無色透明無味無臭の温泉で露天風呂が薬湯になっていた。

小樽温泉/オスパ/800円


ちょっと高いが最後の温泉は強食塩泉のオスパ。
ほとんど透明の温泉であるが、塩分が濃いため結構体にしみた。
思った以上にいい温泉だった。

・ラーメン


フェリーポートの近くのローソンの隣のラーメン屋でラーメンを食べた。
はっきり言って全然うまくなかった。

・フェリー出航


出航前の待ち時間を使って今回の旅日記を書き始めた。
果たしてどこまでできるのだろうか。。。

鱗友朝市~かきざき商店(東北&北海道旅行編)

【31日目その1】 晴れ時々曇り

・鱗友朝市


とりあえず朝は市場で土産のカニを購入。

かきざき商店


朝ご飯は余市の「かきざき商店」で、ウニ丼、ホッケで1449円なり。

true-ホッケ

true-ウニ丼

さすがに安い。

札幌の回転寿司~おみやげ(東北&北海道旅行編)

【30日目その2】 曇り後時々雨

ながぬま温泉/500円


ユンニの湯の近くなので似たようなお湯を期待していたのだが、茶濁のうすいお湯で食塩泉っぽかった。
循環なので飲湯もできないと書いてあった。

・回転寿司/トリトン平岸店/2289円


札幌の友人夫妻と合流して、最近はやりの回転寿司に行った。
はやりなんてもんじゃなくむちゃくちゃ人が多かった。
30分くらい待たされてやっとカウンターにつき、
   活ボタン、ウニ、イクラ、ハマチ、ハマチトロ、
   サバ、中トロ、上トロ、ネギトロ、ホタテ
を食べた。
活ボタンは大きなボタン海老が頭ごとついてきて食べごたえありの一品だった。
ウニはやっぱり「わらべ」の方がうまかった。

・みやげ購入


ちょっと定山渓寄りの巨大なショッピングセンター「カウボーイ」に連れてってもらい、みやげのサッポロクラシックとガラナをケースで購入。
ついでに特価品の夕張メロンも購入。

フェリーポート


買い物のあと友達と別れ、小樽のフェリーポートまで移動。
最後の車中泊はフェリーポートだった。

奈井江温泉~夕張温泉(東北&北海道旅行編)

【30日目その1】 曇り後時々雨

奈井江温泉/ホテル北乃湯/500円


やや白濁で硫黄臭のある温泉。つるつる感もありなかなかいい温泉だった。

浦臼温泉/温泉保養センター/360円


無色透明無味無臭の何の特徴もない温泉。
でもなぜか賑わっていた。

桂沢温泉/桂沢観光ホテル/500円


ここも無色透明無味無臭の何の特徴もない温泉だった。

夕張温泉/ユーパロの湯/600円


茶濁で湯の華が少し浮いている。
薬湯は日替わりだか月変わりだかで私が入った時は青色のお湯だった。

・夕張メロンソフト/300円


ユーパロの湯のレストランでメロンソフトを食べた。

true-夕張メロンソフト

いかにもという味だったがうまかった。

妹背牛温泉~北竜温泉(東北&北海道旅行編)

【29日目その4】 曇り時々晴れ

妹背牛温泉/ペペル/500円


黄色透明でやや塩味でややつるつるのお湯。
設備もよく旭川近郊ではイチオシの温泉。
露天風呂もいい感じで結構気に入った。

北竜温泉/サンフラワーパーク北竜/500円


建物の概観はテーマパークを思わせるようなきれいな建物。
特に夜のライトアップはむちゃくちゃきれい。

true-サンフラワーパーク北竜

温泉の方はペペルと同じような感じだが少し濃い感じがした。
あとひまわり風呂というのもある。
ここは道の駅でもあるので、このままここで車中泊した。

男山酒作り資料館~ラーメン蔵(東北&北海道旅行編)

【29日目その3】 曇り時々晴れ

男山酒作り資料館


去年、気に入ってた「北のあじさい」というお酒を今年も買って帰ろうと寄ってみたのだが残念ながら今年は置いてなかった。
しょうがないので似たようなのがないものかとちょっと試飲してみたがいいのはなかった。
酔いを冷ますために、しばらく車の中で昼寝した。

塩狩温泉/400円


旭川の少し北にある鄙びた温泉宿。
お湯は酸性緑礬泉と、緑礬とラジウムの混合泉があるが、どちらも無色透明無味無臭の特徴のないお湯だった。

・ラーメン蔵/ねぎしおラーメン/850円


今回の旅行での大ヒットラーメン。
今まで食べた北海道のラーメンの中では文句なしの(私の)ナンバー1となるラーメンだった。

true-蔵

細面でとんこつスープにねぎいっぱいのラーメンはむちゃくちゃうまかった。
おそらくネギでない普通の塩ラーメンも同じくらい美味しいと思う。

 | ホーム |  »

FC2Ad

日本全国温泉ガイド


日本全国温泉ガイド
日本全国温泉ガイド
我が家の温泉ガイドです。
全国の温泉を紹介してます



カテゴリ

北海道 (583)
東北 (142)
関東 (138)
中部 (431)
近畿 (215)
中国 (78)
四国 (30)
九州 (189)
海外 (251)
番外編:なごみの湖 (107)
雑記 (13)


最新コメント


月別一覧


プロフィール

きゃま★めざせ1000湯!

Author:きゃま★めざせ1000湯!
温泉と管釣りが大好きな、かわいい2人の娘のパパです!


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


最新記事


旅日記に登場した温泉

全ての温泉リスト
12/13現在790件掲載
↓最新50件です
  • ホテル木曽温泉
  • 二本木の湯
  • 旦過湯
  • 蓼科グランドホテル滝の湯
  • 横谷温泉
  • ホットプラザ浅間
  • 大町温泉薬師の湯
  • ゆ~ぷる木崎湖
  • 鬼無里の湯
  • 白馬八方温泉白馬ホテル花乃郷
  • 白馬八方おびなたの湯
  • 雨飾温泉露天風呂
  • 来馬温泉風吹荘
  • 黄金ノ湯
  • 薬師ノ湯
  • 仙気ノ湯
  • 三国一ノ湯
  • 乗鞍高原温泉せせらぎの湯
  • 平湯の湯
  • 島ヶ原温泉やぶっちゃの湯
  • リフレッシュinひるがみの森
  • 国民宿舎松代荘
  • 夕姫の湯
  • おぶせ温泉あけびの湯
  • 湯の華銭湯瑞祥
  • 狭山やまとの湯
  • 小さな旅川越温泉
  • 別所温泉
  • 文殊の湯
  • 鹿教湯温泉
  • 白骨温泉泡の湯
  • 白川郷の湯
  • みはらしの丘みたまの湯
  • 韮崎旭温泉
  • 甲斐大泉温泉パノラマの湯
  • 健康の森温泉
  • アパホテル 富山
  • 金太郎温泉カルナの館
  • 馬羅尾天狗岩温泉すずむし荘
  • 白樺湖温泉すずらんの湯
  • 上諏訪温泉片倉館
  • 白糸の湯
  • 早太郎温泉こまくさの湯
  • 上北山温泉
  • 湯ノ口温泉
  • ホテル浦島
  • ゆりの山温泉
  • 松任海浜温泉
  • 金太郎温泉
  • みみずくの湯


検索フォーム


リンク集

RSSリンクの表示


QRコード

QR